最初のページ
超聖地のご案内
加古先生のお話
行事案内
 
大杉神社を守る会
 
地 図

 
加古藤市氏の教え
更新:2017年 4月25日
一代目」東核芒種大伝道師 
しょだい  いざなぎのみこと
初 代 ・ 伊邪那岐尊(男~)さまです。
                        まないじんじゃ
現在の京都府宮津市大垣天橋立北浜の真名井~社の奥宮に、
          ごこうりん・ごこうたん じんそ「しょだい」いざなぎのみこと
人間として始めて御降臨・御降誕された人祖「初代」伊邪那岐尊(男~)さまでございます。
 
 
「二代目」東核芒種大伝道師 
いざなぎけ せしゅうさいき
伊邪那岐家世襲最期    の 当主 アマテルカミ尊さまです
               いざなぎけ せしゅうさいき
今から約四千二百年前、伊邪那岐家世襲最期    の 当主アマテルカミ尊さまは、
 
その当時、争い戦いの危機に見舞われていました。
                        まないじんじゃ     せきれいいし
現在の京都府宮津市大垣天橋立北浜の真名井~社   の  鶺鴒石の上に立たれた、
じんそ しょだい いざなみのみこと
人祖  「初代」  伊邪那身命(女~)さまが、
 ただ          もとすがた         いせい いなり
 唯一度だけ~が~の 宗 像   「生命の~・伊 勢   生 成)の~」を明らかにされました。
               じんるいはっしょうの みあれ せいち
アマテルカミ尊は、直ちに 人 類   発 祥    身生れの聖地、
たんばのくに    まないはらたにわ
丹 波 国   の 真名井原丹庭(現在の京都府宮津大垣天橋立北浜の真名井~社)
                              
現在の元伊勢の奥宮に、與謝宮を御造営に成り、
あまてらすすめらおおみかみ
天 照  皇 大 御  ~    とお呼びになられお祀りされ、
つつし  うやま  あが
謹 み  敬 い  崇 めらめられました。
         とうざいさうき   きわけ    かみじ

その後、地球の東西左右基 の 基分のかみじ~筋(経度)、

         はくさんあくど
北極から加賀の白山安久寿の森を通り、
 
岐阜県羽島市から南極に到る~筋と、一年に一度の芒種の
 
日に太陽が通る~筋(緯度)が十字に交わる地点(~祗の地)、
              かみじやま           ごこうりん
現在の三重県伊勢市の~ 路 山の頂にお移り願い、御降臨を賜りて、
 
その~路山の麓の~霊地、五十鈴川の辺に
よさのみや(いせじんぐう)  ごぞうえい
與 謝 宮 (伊勢~宮) を 御造営になられたお方でございます。    
 
「三代目」東核芒種大伝道師 加古藤市殿です。 
                     ないがしろ
今の日本国を始め、全世界が生命を  蔑  にする時代と成り、
                       たいれい
平成元年二月二十四日、昭和天皇の 大 喪 の礼を期に、加古藤市殿に改めて、
じんそ しょだい いざなぎのみこと  いざなみのみこと
人祖  「初代」 伊 邪 那 岐 尊  ・  伊 邪 那 身 命  より、
だいしょうぶ しょうぶ    いせいなり
大 正 腑 ・ 生 産の~(伊勢生成の~)を伝えられて、
                    とうかくぼうしゅでんどうし
生命界地球を救う為に、三代目 東 核 芒 種 大 伝 道 師として、

かみじ

~祗の~の命を明らかにお伝いに成られておられます。
豊かに受ける界の一人 水 野 延 子

最初のページ
超聖地のご案内
加古先生のお話
行事案内
 
大杉神社を守る会
 
地 図

平成29年6月5日芒種の日の祭典
加古藤市氏を囲んで

場所 : 加古藤市氏宅 豊受庵
    大府市明成町1丁目175

時間 : 午前10時半〜

第1部 祭事 午前10時半〜
  @君が代斉唱
   御身生れ祝詞
     参加者全員

 A掛け軸のお披露目

 B大杉神社のお話
     安達宮司氏

 C加古藤市氏のお話

昼食(各自持参)

第2部 午後1時半〜

 @加古藤市氏の一般に向けての今後の活動報告
     岡田氏

 A加古藤市氏のお話

 B親睦会

閉会 : 午後4時半(予定)

参加費 お一人千円
  今回から、各自で昼食の準備をお願いいたします。

※参加いただける方は、事前に豊受庵事務局:水野延子まで、お電話をお願いいたします。
 水野延子電話番号 080−9153−9807



平成29年2月 加古藤市先生に愛に行こう・・・ご報告
2017年2月22日 大府・豊受庵にて
 
 

最初のページ
超聖地のご案内
加古先生のお話
行事ご案内
 
大杉神社を守る会
 
地 図

平成二十九年二月十一日
 
  天皇系図「日本書紀」平成二十九年三月二十一日.
  日本国は
  平成二十九年三月六日日本は侵略戦争したことを認め立ち止まり
 
 生命産み出し身生れの神仕組み図式・・・平成29年3月9日
 「建国記念日の日」をむかえて  平成29年2月11日
 
 平成二十八年 三月
  天照皇大御~「生産の~」・・・PDF
  歴史が動く・・・PDF
 
平成二十七年
昭和天皇誕生日・・・4月29日 (PDF版)
不戦の誓い

高野山 空海と真言宗・・・2015年6月22日

加古先生とQ&A ・・・ 2015年7月7日
 
平成二十六年
日本は天皇を中心とした神の国です(PDF版)
 
平成二十五年
 創造主の真理の神は一つ (PDF版)
 
平成二十二年 庚寅年 
   十善戒知瑠恵と御難賛助のこころ  平成22年11月9日
 
平成二十一年 己丑
 
     政権交代の意味
 
     神姿・・・PDF盤 ・・・7月
 
     地球に生命が誕生し遷化への論理(みち)・・・三六再下生 二〇周年記念・・・2月24日
 
     地球生命が誕生・・・
 
平成二十年 戊子
     私儀・・・・・・・・・6月29日
 
     世界恒久平和の礎・・・6月29日
 
     日本国憲法第一条と第九条は
 
     日本国憲法第一条と第九条は、日本国のこく是と認識せよ
 
     日本霊魂発祥の地平成十九年 
 
     国軸山(太陽の峯の山・金峯山) 
 
     建国記念日に思いを込め
 
藤原冬嗣の系図
 
東核芒種大伝道師一代目.二代目三代目
 
日出る「丹ノ元」(ひいずる「にのもと」) 平成19年1月20日
 
御難賛助  平成十九年四月十八日(観音さま遺伝子のご命日)
 
天皇家のご先祖太元帥明王さまお出ましの御活動氣
 
拉致問題靖国問題
 
世界恒久平和実現祈1しおり
 
生産祭り
 
~祗の裁定
 
越知山・吉野山・高野山の信仰の根源
 
吉野山山頂~祀りの始めは
 
秀真伝が伝えた真実の天皇
 
熊野の聖地について
 
御難賛助の御誓約に始まる人間の生命
 
世界の救世者に
 
故:長谷川太郎氏の紹介
 
日本国民への警告
 
平成元年の資料日本国憲法第一条と九条
 
平成十八年九月六日
 
生産熱田の~の由緒に付いて
 
2007年新春トピックス   2007年1月19日掲載
 
ここからは、写真ならびに挿絵
 
大元帥お出まし
 
太元帥明王像絵
 
後藤征士大正腑天神の大霊~理氣
 
八和幡之大神・・・h20/07/17
 
十種神鳳・・・5月12日
 
三宝荒神天神・・・h20/07/17
 
不戦の誓い
 
生命六根一・・・21/03/31
 
お不動産
 
加護目の御神紋・・・21/03/31
 
十八弁の聴区の御紋  
 
カゴメの御紋
 

最初のページ
超聖地のご案内
加古先生のお話
行事ご案内
 
大杉神社を守る会
 
地 図